海外ドラマで英語を独学する効果と勉強方法・おすすめ作品

面白い海外ドラマを楽しみながら英語力をアップさせられたら…!と思いませんか?

それと同時に、「勉強とは辛いもの。そんなうまい話はない」という気もしますね…。

でも考えてみてください。

ドラマというのは人間同士のコミュニケーションを描いたもの。たくさんのリアルな表現をたくさん経験することが会話やリスニング力向上に効果がない、はずがないのです。

実際、海外ドラマの視聴で英語力が上がったという英語の達人はたくさんいます。

しかし、ただ楽しむだけではもちろん意味はありません。

ここでは、海外ドラマを使って効果的に英語の勉強をする方法についてご紹介します。

勉強方法について早く知りたい
ドラマで英語字幕を見る方法を知りたい
ドラマのスクリプト(脚本)入手方法を知りたい
おすすめ作品を知りたい

海外ドラマで英語を学ぶ効果

生きた日常会話が学べる

海外ドラマで英語を勉強する場合でなんといっても効果が期待できるのは「日常会話力」、つまりコミュニケーションのための英語です。

セリフを聞くシチュエーションや、登場人物のリアクションから

「こういう状況ではこう言うのだな」

「ていねいな言葉だと思っていたが、こんな時に言うとイヤミっぽいのか!」

「かっこいい表現だな」

などと、実際のネイティブの言葉の使いかた、とくに「IとYou」の二者間での表現を徹底的に吸収し、自分が使う時に役立てることができるのがこの勉強法です。

日本では「聞き上手」が良いとされ、自分の意見や主張を口にしなくとも会話が成立するだけでなく、「控えめな人」という評価さえつくことがあります。

ところが、外国人との会話では「自分はどうなのか」をはっきりと言えない人は「つまらない人」「会話ができない人」とみなされてしまいます。

英語カフェや異文化交流会などに参加する以外で、日本にいながらにして留学環境に近づける方法がドラマをたくさん見ることです。

海外ドラマで英語を学ぶメリットとデメリット

手加減なしの会話スピードになじめる

海外ドラマは、「英語を母国語として話す人」を対象に作られています。

私たちがふだん日本で触れているような学習者向けの音声のような、聞き取りやすいものではありません。

ネイティブが聞き取れる範囲、かつ劇中で不自然でない程度のスピードとトーンで話しています。

TOEICや英検の上級者でさえ「ドラマは全然聞き取れない」という人が多いのはこのため。

逆にいえば、手かげんのない本物の英語シャワーを浴び続けられるのが、海外ドラマで学ぶ最大のメリットです。

海外ドラマ学習は速習に不向きだが、継続しやすい

海外ドラマを使う勉強法は「楽しみながら、実用的な表現を身につける」という点ではすぐれています。

しかし、みっちりと参考書やスクールで文法やイディオムを学習することに比べれば、上達のスピードは期待できません。

ドラマは過去分詞や関係詞などを学べるように作られているわけではなく、それは仕方がないことです。

また、「読み・書き・聞く・話す」の総合的な力を養えるかという点からみても、効率がいいやり方とはいえません。

ただ、効率がいい学習法というのは単調だったり、詰め込みだったり、続けるのが辛いやりかたであることが多いのも事実。

どんな方法でやっても、語学で結果を出すのは「継続できる人」です。

その点からいえば、まずは効率よりも継続できる方法を求めている独学ビギナーや、やり直し学習者にとくに向く方法といえるでしょう。

字幕を出す?出さない?

海外ドラマで英語を学ぶとき「最初はまず字幕なしで見る」という方法は、かなり高いレベルの人でない限りは、おすすめしません。

最初から字幕を出さないでドラマを見るには、高い英語解釈のスキルだけでなく、ネイティブの話すリンキング(言葉をつなぐこと)や独特の言い回しに慣れていることが必要です。

最初から字幕なしでドラマを見る方法で学習するレベルのめやすは「英語字幕を読んで90%理解できるかどうか」です。

「字幕なしで見ても意味があるの?」と思う人もいるかもしれません。

しかし、意味をとりながら大量の英語を聞くことを続ければ、効果は必ず出ます。安心して取り組みましょう。

レベル別・海外ドラマで英語学習の方法

当サイトでオススメしている、英語のスキル別学習方法です。

あくまで目安ですので、自分の理解度によってアレンジしてももちろんOK。

「一本全部では多すぎる」という人は、英語で理解したいシーンのみに取り組んでも良いです。

ただし、学習の効果を高め、継続させるためには次の3つのポイントに注意してください。

・単語を拾わない

わからない単語を全部しらべているとテンポよくストーリーを追えず、学習を継続しにくくなります。

どうしても知りたいときだけにとどめるか、まとめて書き取ってドラマを見たあとに調べるようにしましょう。

・無理に覚えようとしない

「実用的な英語のシャワーを浴びること、楽しむこと、続けること」がこの方法の目的です。

がんばって覚えようとしなくても、何度も出てくる表現はしぜんに身につきます。

とくに気に入ったフレーズなどを覚える程度にとどめておくのが継続のコツです。

・細かく区切って見る

最後まで通して見ることはせず、一回のエピソードをなるべく細かく区切って見てください。

「日本語でおぼえたセリフを忘れてしまうこと」と、「勉強そっちのけで次の回が見たくなってしまう」ことを防ぐためです。

初級・初中級(英検4級~準2級)

初級・初中級の人がドラマで英語学習をするには、まず内容をしっかりと知っておくことが必要です。

①日本語字幕 or 吹替版

②英語字幕
(なるべく二回以上)

①日本語字幕でも吹替版でも構いませんので、まずストーリーとセリフをしっかりとつかんでください。

②それから、英語字幕を出して同じエピソードまたは同じシーンを見ていきます。短いセリフ、簡単なセリフがあればシャドウイング(少し遅れて同じことをいうこと)をしてみます。

初中級の人にとって、「字幕なし」は英文を見た後でもむずかしいと感じる人がほとんどでしょう。

このレベルでは「字幕なしで見る」はやらなくてOKですが、なるべく②は何度か繰り返してください。

ここで終了して次のエピソードに進みましょう。

みっちりと取り組みたい人は②、または①②をくりかえします。

中級(英検2級・準1級)

①内容によっては、英語字幕からでも7割ぐらい内容がわかる人もいるのが中級レベル。簡単だと感じたら、日本語をスキップして挑戦しても良いでしょう。

①日本語字幕 or 吹替版
(やらなくてもOK)

②英語字幕(2回以上)

③字幕なし

②英語字幕を出して見る一度目では、音と英文をリンクさせながら見ます。

音と英文がリンクできたと思ったら、今度は意味を追いながらシャドウイング(後から遅れて同じことをいうこと)をします。

できるだけイントネーションや発音をもとの音声に近づけるように、シャドウイングは必ず行うようにしましょう。

いきなり英語字幕からほぼ理解することができた人でも、できれば三回、最低でも二回は見ましょう。

③英語でのセリフがだいぶ頭に入ったと思ったら、字幕なしに進みます。90%理解がこのステップでの目標です。

英語字幕のある動画を探す方法

英語字幕を表示できる動画の探し方を3つご紹介します。

DVDを購入する・借りる

いま販売・レンタルされているドラマのほとんどのDVD・ブルーレイは英語字幕で見ることができます。

購入やレンタルが大変な場合は図書館においている場合もあるので探してみましょう。

YouTubeで字幕付き動画を探す

ドラマをまるまる一話分見ることはできませんが、一部の名シーンなどがアップされた動画の中には、英語字幕を見ることができるものがあります。

ワンシーンだけ勉強したり、お試しでどんなドラマか雰囲気を見るには手軽で良いでしょう。

英語字幕つきYouTube動画は、以下の方法で探すことができます。

<スマートフォン>

作品名で検索をかけ、検索結果が出たら右上の「フィルター」をタップします。

「字幕」にチェックを入れたあと、検索画面に戻します。

 

右上の点が三つ並んでいるマークをタップすると、字幕を選ぶことができます。

<PC>

動画を検索し、検索結果の画面右上のフィルターをクリックします。

 

「字幕」をクリックすると画面が代わり、字幕付きの動画のみが表示されます。

 

動画を選びます。再生が始まったら右下の字幕マークをクリックすると字幕が開始されます。

動画配信サービスを利用する

動画配信サービスを利用すると、定額料金でたくさんの話題のドラマを見ることができます。

どの局でも無料トライアル期間があるので、トライアル期間に集中して取り組むという使い方もあります。

英語字幕 簡単巻戻し
Hulu
Amazonプライム ×
dTV × ×
U-NEXT × ×
Netflix

英語字幕を出せるのは「Hulu」「Netflix」

比較すると、多くの動画配信サービスの中で英語字幕を出すことができるのは「Hulu」 と 「Netflix」の2局だけ。

さらに「Hulu」と「Netflix」は、10秒きざみで動画を巻き戻したりスキップしたりする機能も備えており、語学学習にはうってつけのサービスです。

安くて巻き戻し機能のあるプライムビデオ

「Amazon プライム」で見ることのできる「プライムビデオ」は、月額500円で始められる安さがメリット。

残念ながらプライムビデオでは英語字幕は出ませんが、プライムビデオにも10秒巻き戻し機能があります。

ドラマのスクリプト(脚本)を入手して、そちらと合わせて学習すると費用を抑えた学習をすることが可能です。

海外ドラマのスクリプト(脚本)入手方法

海外ドラマのスクリプトを手に入れる方法は、意外と簡単。

Springfield!Springield!というイギリスのサイトで、たいていの放送済みドラマの脚本を手に入れることができます。

検索窓にドラマ名を入れるだけで見つかります。

>>Springfield!Springifeld!

英語の勉強におすすめの海外ドラマ

英語力アップにオススメの海外ドラマ英語の勉強にオススメの海外ドラマを「時間が短い」「聞き取りやすい」順に紹介していますが、大事なことは「楽しめるかどうか」。興味を持てるかどうか、が作品選びのポイントです。

先ほどあげた動画配信サービスで、登録なしで一話目が無料で見られるものもあります。好みの作品を見てみましょう。

Friends(フレンズ)

海外ドラマで英語学習というとまずこの作品をあげる人が多いくらい、実用的な会話表現が充実しているドラマ。

友情、恋愛、家族、仕事などさまざまなシーンが登場するシチュエーションコメディというジャンルがまた、英語学習に向いています。

一話が30分と短いのもおすすめポイントです。

動画配信サービスにある場合もありますが、この作品は DVDがかなり安くなっています。

The Big Bang Theory(ビッグバン・セオリー)

高いIQを持つルームメイト男子ふたりの「オタクあるある」な会話が楽しいコメディ。

主人公たちの得意分野になると専門用語がとびかうのが難ですが、通常の会話の部分はシンプルな表現が多いのと、一回あたり約20分と短時間で終わるのが良い点。

まずは会話の部分だけ学習してみるというやり方が良いでしょう。

The Walking Dead (ウォーキング・デッド)

ホラーで英語を学ぶという方法もあります。

大人気ゾンビドラマ「ウォーキング・デッド」は冒頭部分に警察特有の用語などの聞き取りにくい部分がありますが、全体的に「走れ!」「気をつけろ」などのサバイバル的シンプルな言葉中心になってます。

セリフのない場面も多く、比較的レベルがやさしいので学習としては物足りないという人もいるかもしれませんが、次が気になって仕方ないという点で継続学習には良い学習材料です。

SEX and the CITY(セックス・アンド・ザ・シティ)

独身の30代女性の生活を描いた大人気シリーズ。

メインの四人の女性がそれぞれ、キャリアウーマンやリッチな専業主婦という設定で、ニューヨークのおしゃれなレストランやファッションブランドの話題を楽しみながら勉強することができます。

女同士のポンポンと弾む会話の中には、コミュニケーションによく使われる表現がいっぱい。

一話あたり30分という時間も取り組みやすくなっています。

The Ugly Betty(アグリー・ベティ)

ヒスパニックの女の子の生活を描いたドラマ。

勤務先であるファッション誌編集部のシーンが多く、仕事場での堅苦しすぎない言葉づかいが学べます。

このドラマいちばんの魅力は、ベティをいつもバカにしている同僚の皮肉が秀逸であること。

キツいながらも思わず笑ってしまうギリギリのブラックさをぜひ英語で理解して、笑いましょう。

一話45分。

SUITS/スーツ

日本でもドラマ化された男性弁護士二人のドラマ。

法廷ものは学習には難しいという意見もありますが、ふだんから見慣れている人なら「Objection!(異議あり)」「Not guilty.(無罪)」などの言葉は何度か聞いていればすぐ覚えてしまうもの。

難しいといわれているものでも好きなジャンルであれば、どんどんチャレンジしてみましょう。

「スーツ」は法律用語は多いながらも、登場人物のほとんどがしゃべることを仕事としている法律家という設定から、ほかのドラマに比べるとかなりハッキリとした、訛りのない文法的にも正しい話し方をしています。

上司、クライアント、恋人との言葉の使いわけに注意して聞いてみましょう。

一話42分。

The Good Wife(グッド・ワイフ)

こちらも日本や韓国でもリメイクされた法廷ドラマですが、女性弁護士が主役となっています。

法律用語が多いことや言葉の聞き取りやすさは「スーツ」と同程度です。

「スーツ」が男の友情や策略、裏切りなどを描いているのに対し、「グッド・ワイフ」では妻や母としての葛藤を描く部分も大きなテーマとなっています。

法廷シーンだけでなく、夫婦間、親子間の表現も聞くことができます

一話43分。

さらに効果を高めるために

ドラマでの学習を楽しむうち、「理解できる割合をもっと多くしたい」「もっと実用表現を多く学びたい」という意欲がでてきたら、本やラジオ講座などの別の学習方法をプラスするとさらに効果的です。

ドラマ学習と合わせて読みたいオススメの本

「海外ドラマはたった350の単語からできている」は、海外ドラマで使われている基本単語350の分析にはじまり、それをどう英語学習に活かせばよいかについて書かれた本です。

スピーキング力強化、リスニンング力強化の学習法がそれぞれ段階別にくわしく書かれているので、自分の目的にあった方法がわかります。

ゆるいイラストとかたくるしくない文章で、学習本という感じでなく読み物感覚でさらっと読めてしまいます。

「捨てる英語勉強法(リスニング編)」では、ドラマを理解するときジャマになる「今までの学習で得たきた中での、捨てるべき知識」と、「ドラマから拾うべきポイント」を意識することで、ドラマでの学習を効果的なものにするというコンセプトの本です。

「恋愛表現」「脅しの表現」など、海外ドラマでテッパンの表現も紹介されています。

ドラマ学習と合わせて利用したいおすすめラジオ講座

ドラマ学習での日常会話力のスキルアップをさらに加速させたいなら、NHKラジオ講座の「英会話タイムトライアル」か「遠山顕の英語楽習」が絶対オススメです。

>>英会話タイムトライアル

>>遠山顕の英語楽習

どちらも、教科書的な表現を学ぶことよりも実際にネイティブが使っているフレーズが満載の講座です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × three =