まずはメンタルを何とかしよう・英語への苦手意識を克服したい!

「英語と聞いただけでイヤになる」
けれど、やっぱりこのまま英語ができないままの人生はつまらない・・・

まず、英語への苦手意識をなくすことから手をつけましょう!

ラクにできる勉強法で学びたい

「楽してペラペラになりたい」

いい大人が言うには恥ずかしいですが、誰だってそう思っています。

ペラペラには難しいですが、楽してできる勉強をすることは可能です。

「頑張っている」「つらい」という感情と学習をセットにして脳に覚えこませてしまうと、脳が英語の勉強に対してブロックをかけてしまいます。

まずは自分が楽しんでできる方法や題材からはじめて、英語学習そのものへの心のブロックを取り除くこと、つまり、最初はラクしてできる勉強法こそいい方法なのです。

 

少しずつでもそのような方法で継続していくことができれば、必ずスキルは上がっていきます。

スキルの向上を実感できれば、苦手意識はいつの間にかなくなり、次のステップへとつなげていくことができます。

ラクしてペラペラになることはできませんが、ラクなやり方から始めてペラペラへのステップをつなげていくことは可能だということです。

自分の好きな分野で学ぶ

記憶する能力において大人は子供にかないませんが、人生経験が豊かということによって理解力は大人のほうが優れているというのは脳科学分野で証明されています。

ラクして学ぶ方法の一つに、自分の好きな分野で学ぶということがあります。

例えば、自分がいつか行ってみたい国や実際に行く予定のある国について、英語の観光ガイドウェブサイトを読んでみたり、実際そこは行ってみた人のブログを読むのです。

こんな方法もあります。
トリップアドバイザーという世界的に展開している旅行情報サイトで言語を英語に表示させると、その国の基本情報やクチコミを英語で読む事ができます。

 

または、好きなスターのファンブログやゴシップ記事、スポーツ選手についてなどでもいいですね。

これらは自分の関心事ですから理解しやすいですし、わからない単語を調べる面倒さも感じにくいでしょう。

つまらないテキストをやめる

無味乾燥なテキストを我慢して勉強するほど英語が嫌いになる方法はありません。

こちらも自分で興味を持てる分野についての題材で取り組みましょう。

料理好きなら英語の料理レシピ本もいいですし、YouTubeで「” 料理名 ” + recipe 」で検索して動画を見るのもいいですね。

アメリカのカリスマ主婦 Martha Stuart のウェブサイトも楽しいです。

 

まずは勉強色抜きに、楽しむ事から始めましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA