語彙を芋ヅル式に増やす!MS Wordを使った単語の覚えかた

もっと単語を覚えなきゃ!とわかっていても、
「何から手をつけていいかわからない」
「関連付けて覚えればいいというけど、どうすれば?」
と思いますよね。

この記事では、この両方を解決するちょっと変わった覚え方をご紹介します。

すでに知っている単語を足がかりにして覚える

新しい単語を覚えるには何の脈絡もない言葉を覚えるよりも、すでに知っている単語を手がかりに類義語を覚えていくと効率がいいです。

英語の学習には関連付けが重要ですが、この方法だと「これは××と似たような意味だった」と思い出しやすいのです。

やり方は簡単です。

まず、あなたにとって「載っている単語はほとんどわかる」単語集を用意します。

中学や高校の教科書でも構いません。

人気の単語集「キクタン」の一番やさしいレベルを例にとって説明します。

この中で知っている単語をWordに打ち込んでみます↑。
(画像はMacのWordなのでWindowsとは表示が少し異なりますが操作は同じです)

それから、その単語を選択して右クリックしてでたメニューの類義語を選択すると、似たような意味の単語がズラッと出てきます。

この単語のいくつかを、知っている単語に関連づけて表にまとめて覚えていくのです。

主単語 主単語の意味 類義語 類義語の意味
pay 支払う
賃金
給料
wage  賃金
salary  給料
reimbursement  払い戻し
fee  謝礼、入場料、会費など

表は一例です。自分のおぼえやすい方法でまとめるのが良いでしょう。

Word の類義語辞典を使うとさらに便利

このサイトでは単語の意味を調べるのには紙の辞書を推奨していますが、Wordに入っている類義語辞典を使うと類義語の意味を調べる時間を短縮できます。
時間がないときには便利です。

先ほどと同じ画面を右クリックして、類義語を選んで表示された類義語辞典をクリックします。

画面右側に類義語辞典が展開するので、意味を調べたい単語をクリックします。

下の二ヶ国語辞書に意味が表示されます。

 とてもシンプルな方法ですが、効率よく語彙を増やせる方法です。
ぜひ一度、試してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA