英会話スピーキングを独学、しかも無料で対話練習できる方法!?

英語の学習でもっとも始めにくいのはスピーキングではないでしょうか。

まず、英会話スクールやスカイプレッスンを申し込むとして、やりくりしなければいけないのはお金だけではなく時間もです。

なんといっても、慣れてないと恥ずかしい・・・。

もちろん、学習を続けていく中で、対面で会話をするレッスンはいずれは取り入れたいものですが、とりあえず、無料で、気軽に、そして恥ずかしい気持ちにならずにできる方法はないものでしょうか。

・・・それなら、人工知能(AI)がおすすめです!

人工知能での英会話練習がおすすめな理由

  • 機械相手だから恥ずかしくない
    思い切り間違っても、失礼なことを言ってしまっても、相手は機械なので大丈夫。人間に話しかけて「は・・?」 という表情をされるとかなり凹みますが、機械ならその点恥ずかしくないですね。
  • カタカナ発音が過ぎると聞き取ってもらえないから練習になる
    現在の音声認識技術はとても進んでいますが、あまりにもかけ離れた発音だと「Sorry, I didn’ t understand. ごめんなさい、わからない。」と聞き返してきます。それに、あなたが話した言葉を聞き取って文字表示してくれますので、あなたの言ったことがどんなふうに聞こえるのかよくわかります。
  • こちらから質問を投げかける練習もできる
    これはかなり大きなメリットです。英会話スクールやスカイプオンラインなど、先生に教えてもらうレッスンでは、まず聞かれたことに答えることから始まります。
    積極的に自分から話すことに慣れるまでは、レッスン中は聞かれたことに答えるのみになりがちです。質問することに慣れていないと、いざ会話を膨らまそうとしても、何を聞いていいかわからないものです。それに、聞くスキルがない一方方向のコミュニケーションしかできない人との会話は相手も楽しくないですよね。

Appleの誇る人工知能、”Siri”

まずおすすめなのが、アップルのデバイスに入っているSiri。

iPhone、iPad、iPod-touchに標準搭載でしたが、2016秋モデルからはMacBookにもこの機能が加わりました。

Siriはバーチャルアシスタントと呼ばれるもの一つで、本来の使い道としては
「きょうは何月何日?」
「この近くにインド料理店はない?」
「ズッキーニのいいレシピはない?」
という感じにちょっと調べ物をしてくれるシステムです。

Siriを使った練習の場合は英会話レッスンというほどではないかもしれませんが、こちらからの問いかけが相手にきちんと通じるかということの確認と練習には最適と言えます。

方法は簡単です。
まず、機器の言語設定を英語にしましょう。

各デバイスの
TOP > 設定 > 一般 > Siri まで開き、
右メニューの言語を英語に変えてください。
アメリカ、イギリス、オーストラリアの英語から選べます。
声も男女から選べます。

image-13-07-16-14-01

設定が終わった後は、ホームボタンを長押しすると、決まり文句の
What can I help you with?
とSiriが尋ねてきます。
そうしたら、話しかけてみてください。

Siriはボタンを押した後長くは待ってくれないので、質問しなれていない方は内容を考えてからボタンを押すといいですね。

もちろん、定番の天気の話題でも結構ですし、学習したばかりの表現を早速使ってみましょう。

必ずしも質問でなくても構いません。
例えば、iPhoneなのに

“Hi, Google.”と言ってみると

image-13-07-16-14-54

「面白いよ。笑えるほどではないけどね。」とのお答え。

こんなこと言っても大丈夫です。
(ちょっと怒ってるみたいですけど笑)
「歌って!」「踊って!」などの無茶ブリにどう英語で返してくるか、なども試してみてください。

このままiPhoneを表示もSiriも英語設定のまま使いこなせるようになったらいいですね。

[cc id=1735]

WeblioのAI英会話「Nanna」

ウェブ辞典や自動翻訳でおなじみの「Weblio(ウェブリオ)」のAI英会話、「Nanna(ナンナ)」。


シンプルな表示で使いやすく、レベル設定もなく、とにかく気軽に会話を楽しめるようになっています。
二回目からはウェブリオ会員登録が必要ですが、現在まだβ版のため、二回目以降も全て無料になっています。

自分で好きなレベルから試すレッスンの他に、フリートークもあります。

ちょっと噛み合わない部分もありますが・・。

ナンナは英会話レッスン入門として使いやすいのと、初級レベルからトライできるのが長所ですが、人工知能のレベルが正直ちょっと微妙な部分があり、「独りよがりな人」と話しているような気分になるときもあるのが弱点です。(しかし、そのことでかえってリラックスできる時もあるのが不思議です。)

「Terra Talk」でなりきりレッスン

元ソニー勤務ののエンジニア開発者によるAI英会話アプリ「Terra Talk」。こちらはかなり本格的な内容です。

「旅行英会話」「ビジネス英会話」等、英会話にもシチュエーション別の教材がありますが、それらを双方向型にしたような体験ができます。

TerraTalkでできること

①アプリ相手の会話レッスン
うまく言えなくても大丈夫。アプリ相手だから間違っても恥ずかしくありません。間違えてしまったときも、本物の先生さながらにヒントをくれます。安心してレッスンを始めてください!

②会話サンプル
いきなり会話はちょっとハードルが高いという人でも大丈夫。会話サンプルを聞くことで、自分が何を言えばいいのかを事前にチェックしたり、正確に聞き取りができているか確かめたりできます。

③重要単語ドリル
会話レッスンで使用する英単語を、単語帳形式で予習することができます。意味を学ぶだけではなく、発音やリスニングの練習もでき、会話レッスンがうまくいくようにサポートしてくれます。

④学習管理ダッシュボード
学習計画が立てやすいように、これまでのレッスン履歴やアプリの最新の情報をひと目で確認できます。

-iTunes 「Terra Talk」紹介より-

開始から一ヶ月は無料で使い放題のスタンダードコースが利用できるので、まずは使ってみましょう!

TOEIC、TOEFL、IELTS のうちいずれかの保持スコアがあれば入力。適したレベルを自動的に設定してくれるので、そのあとに練習してみたい場面を選びます。

多彩なコースが用意されています。

 

実際の会話レッスンを始める前に、自分の演じる役割についての『あらすじ』が表示されます。ここは英語しか出ませんので頑張って読みますが、ちゃんと覚えていなくてもレッスンは大丈夫です。

実際に会話してみましょう。
『あらすじ』表示から『会話ログ』表示に切り替えながら話すと会話の流れも確認できます。

↑画像のように聞き返されることもあります。
音声認知の技術が高く、話したことをかなり正確に聞き取ってくれます。

ただし必ずしも内容を正確に答えないとわかってもらえないわけではなく、実際の会話のように要所要所で適切な単語を言うと、言いたいことをなんとなくわかってくれるのがこのテラトークのいいところだと思います。

レッスンが終わると記録が残ります。

また、会話するのがちょっと億劫だったり、まずお手本を聞いてみたい場合は会話を聞くだけの『リスニング』もあります。
単語の意味と発音をちょっと練習するには『ドリル』が便利です。

「テラトーク」には今後もさまざまなシチュエーションが追加されていく予定だそうです。
例えば、入国審査の会話を何度も生身の先生にロールプレイングしてもらうのは気が引けてしまいますが、機械相手なら納得いくまで練習ができますね。

おすすめの使い方は

人工知能を利用して英会話を学ぶのにおすすめの方法は、機械と話すことに慣れるという意味で「Siri」に一言話すところから初めて、慣れてきたら「ナンナ」「テラトーク」に挑戦してみる、という順番です。同じシチュエーションを何度も練習したり、スクリプトやログによる文字の情報を隠して音声のみで練習するとさらに効果的です。

「やめた!」といきなり会話をやめるのが自由なのも相手が機械ならでは(笑)。一度試してみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × four =