YouTube洋楽の歌詞表示で英語を勉強する方法・アプリ・プラグイン

英語、英会話を習得する近道としては「実際に口に出して言う」のが一番です。

記憶は体の動きと連動させることで効率が良くなり、口を動かして覚えると英語が体に「しみ込む」ように習得できるからです。

音読、ロールプレイング、シャドウイングなど、口に出す練習はいろいろありますが、楽しくやるという点では YouTube の洋楽を歌って英語を勉強するのがおすすめです。

「洋楽で英語を勉強」が最強な理由

洋楽で英語を学ぶことのメリットはたくさんあります。

”頑張る”ことをせずに できる

「好きな歌がない」、という人はあまりいないのでは?

英語が苦手、という人でも、
「最近、街でよく聞くあの曲、いいな・・・」
とか、
「このCMの曲、好きだなあ」
「英語だけど、歌ってみたい」
という曲がいくつかはあるのではないでしょうか。

洋楽での学習の最大のメリットは、自分の好きな題材で楽しみながらできること。

楽しいうえに「無料で」「ひとりで」「どこでも」「いつでも」できる方法ってめったにないですね。

記号を見ずに発音全般のスキルが身につく

発音、イントネーション

好きな曲を歌うからには、できるだけアーティストの歌い方に近づけて歌いたいもの。

アーティストの歌声をまねて歌うことで、発音や強弱の記号を見たりしなくても自然に単語の発音を身につけることができます。

音声変化

英語の音声変化がわからないと、英語のリスニングでは非常に苦労します。

音声変化とは、言葉が長い間に崩れたり、言いやすい形に変化すること。

日本で言えば、「観音」「云々」「反応」などは、もともとは「かんおん」「うんうん」「はんおう」と読みましたが、今では「はんのう」「うんぬん」「はんのう」という読みに変わっています。

英語にも、いくつかこのようなこの音声変化があり、音つなぎ(リンキング)を例にとると

take it は「テイク イット」より 「テイキッ」
tell him は「テル ヒム」より「テリム」
in front of は 「イン フロント オブ」より「インフロノブ」

というように、ネイティブは発音しています。

One Direction の 「 Story of my life 」の歌い出しを聞いてみてください。

Written in these walls are the stories that I can’t explain

「リットゥン イン ディーズ ウォールズ アー ザ ストーリーズ アイキャント エクスプレイン」
ではなく、

「リッニンディズウォーザーザストーリーズダライキャニクスプレイン」
と聞こえます。

洋楽を歌うことでこういった音声変化も身につき、しいてはスピーキング、リスニングのスキルを向上させることができます。

文法が身につく、それも無意識に!

これはあくまで補助的な意味ではありますが、歌は文法を感覚的に学習することにも役立ちます。

たとえば、さきほどの「 Story of my life 」歌い出しは

Written in these walls are the stories that I can’t explain
(壁に描かれているのは説明できないストーリー)

という歌い出しで始まりますが、この that 以下は 関係代名詞の that。
that 以下が the stories を修飾する形になっています。

文法学習には多くの例文に触れることが欠かせませんが、歌詞の意味や内容のニュアンスを思い浮かべながら歌うことで、英文法の理解を感覚的に深めることができます。

[cc id=1735]

YouTubeで歌詞を表示させながら洋楽を聞く方法

歌いながら英語を学習するには、歌詞を見ながら一緒に歌います。

YouTube の 動画に歌詞を表示させる方法は、いくつかあります。

「曲名 」+「lyrics 」で検索する

YouTube の 検索窓に歌いたい曲名と” lyrics”(歌詞)と入れて検索すると、歌詞が画面に表示される動画がヒットします。

たとえば「 good time lyrics」と入れて検索すると、「good time」の歌詞が入った動画がたくさん出てきます。

オフィシャルのMVでも歌詞がでてくるものは数多くありおしゃれでカッコイイのですが、歌詞の表示が歌とほぼ同時か少し遅いものがほとんどです。こちらはある程度歌を覚えてからのほうがいいかもしれません。

また、一般の人が作成した非公式の歌詞つき動画も多数あります。

歌詞がゆっくりスクロールされたりして見やすいのもあるのですが、歌詞の間違いが多く、注意が必要です。

もし、「CMや映画で聴いた曲を歌ってみたいけど曲名がわからない・・・」というときは、鼻歌で曲を検索できるアプリの「SoundHound」で 調べてみましょう。

PCなら歌詞を表示するプラグインを使う

パソコンで見る時なら、グーグルクロームのアドオン(拡張機能)の一つ「Lyrics Here」を導入すると画面の右側に歌詞が自動で表示されます。

 

こちらは次々歌詞が出てくるのではなく全部が一度に出るので、自分のペースで見ることができます。

「Lyrics Here」についてはこちらのサイトにわかりやすく書かれています。
(「Youtube Lyrics」という名前で紹介されていますが同じアドオンです)

歌詞を表示するアプリを使う

歌詞を表示するスマホアプリもあります。

スマホなら、歌うのはできませんが電車やバスの中で聞きながら目で追う、ということもできますね。

「カシレボ!JOYSOUND」は iPhone、Android ともに対応しているカラオケ練習用アプリ。

英語歌詞のみ、ふりがな付きやカラオケのように字幕として出る、など歌詞の表示方法が選べる上に、和訳も見ることができます。

洋楽で英語を勉強するときの注意

ストレスフリーで楽しい歌学習ですが、こんなことに注意しましょう。

あまり特殊な歌い方のアーティストは避ける

勉強の題材として選ぶ場合は、変わった発音をする歌い方のアーティストは避けましょう。

たとえば、マイケル・ジャクソンはバラードの発音は普通ですが、アップビートな歌になるとリズム感をよくするためにかなり崩した歌い方になっています。

歌ならではの表現もある

歌の歌詞というのはときに大げさだったり、実際には使わないような詩的な表現、またはイマドキすぎるスラングが使われていたりしています。

こうした非実用的な表現を実際の会話で使うと浮いてしまうかもしれないので、「これはどうかな?」と疑問に思ったら、使ってみる前に確認しましょう。

 

 

例えば、ain’t ( isn’t, aren’t, am not のスラング)や gonna ( going to の簡易化した言葉)は歌詞としてよく出てきますが、学習者の私たちは使わないほうが無難です。

文法が無視されていることもある

また、あえて文法を無視した表現になっていることもあります。

よくあるのが、

She don’t like it.

のように、she や he なのに、あえて doesn’t ではなく don’t にしてある歌詞。

おそらく、音の流れを壊さないためにこのようになっています。

このように、歌詞ではしばしば音感を優先させたいときは文法の決まり通りになっていないことがあります。

まとめ

本当に楽しみながら英語を学ぶなら、歌詞を見ながら洋楽を歌う

 歌だと「勉強」という気負いなく単語、発音、文法が身につけられる

 プラグインやアプリを使うとYouTubeに歌詞を表示することができる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA